翻訳サイトやアプリの活用方法

最近は翻訳サイトにも様々なバリエーションが増えてきました。昔は英語でも、とんちんかんな訳が多かったのですが、最近では文章を簡略化せずにきちんと打ち込めば、英語であればほとんど正しい訳がでてきます。また、フランス語やイタリア語、スペイン語やロシア語など、日本でのマイナー言語に対応した翻訳サイトも多いです。しかしそれはやはり誤訳の危険性を孕んでいます。コミュニケーションに言語を用いて、その土地の言語で話したい、もしくは通じたいと思ったときに、最近ではアプリの言語ツールを使う人が増えています。しかしそれにもやはり誤訳はあります。まったくその土地の言語を知らない人がそのようなアプリを使う場合は、同時にその文の直訳が出るようなアプリを使った方が無難でしょう。また、そのようなアプリやサイトは、少し言語を勉強した、その補助的なものとして使うといいでしょう。言語の学習者が、この約や文章で本当にあっているのかどうか、そう考えたときに、先生や友人に聞くよりも先に、このようなサイトやアプリを使えば、手軽に素早く学習の助けと出来る事でしょう。

翻訳アプリを使ってメール

私にはアメリカ人の友達が数人います。現在はアメリカに住んでいるのですが、1年に1回くらいの頻度で日本に遊びに来てくれます。そして、いずれは日本に永住したいと言っていました。その友達とメールのやりとりをするときに、英語でやりとりするのですが、長文になってくると考えるのがすごく大変なので、そのときは翻訳のアプリを使っています。無料の翻訳サービスなので気軽に使うことができますし、とても助かっています。ごくたまにですが、英文がおかしいよと指摘されることもありますが、それでもやはり無料ですし、便利なことに変わりはないのでずっと使っています。もっと英語の勉強をして、翻訳アプリを使わなくて英文が打てるようになりたいなと思っています。どんな文章も一瞬で訳してくれるますし、使い放題なのでしばらくは重宝すると思います。

日本に住む外国人のための翻訳

日本に住んでいて日本語が読めなく困っている外国人はたくさんいます。ひらがな、カタカナを勉強し、生活に困らない程度に会話はできても漢字を知らずに学校や職場からの手紙などが読めないということがあります。毎回その言語ができる人に訳してもらうのは迷惑だろうと感じてしまい、生活する上での情報が得られないことが多々あります。そうなると、外国人だけでなく学校や職場の人も困ってしまいます。外国人が多くいる学校や職場は重要な書類を前もって翻訳し、外国人に知らせておくといいでしょう。また、外国人が多く住むアパート管理者も近隣住民とのトラブルを避けるためにもルールを色々な言語で訳しておく必要があるでしょう。翻訳料は決して安くはないですが、インターネットで無料の翻訳機能では役不足なことが多いので、きちんとしたところに依頼をしたほうがいいでしょう。国際化を目指す日本として外国人にも住みやすい環境を整えなければなりません。

当社の実績は、最強のスタッフにより一般的なものから専門分野まで世界の言語の翻訳業務を行なっている事です。 翻訳のご依頼なら、しっかりとした品質と安心のサービスをご提供する翻訳会社JOHOをご利用ください。 お見積り料無料!お気軽にご依頼ください。 会社の日本窓口業務の代行も可能となっております。 高い専門知識をもつ翻訳者による世界的ネットワークを構築!翻訳のご依頼は弊社まで。